工務店での施工

工務店はリフォーム工事を頼める事業者の1つ

工務店は地域密着型の施工管理業者であり、主に職人である大工やトビ、左官といった職人の手配を行い、場合によっては工事現場において指導を行うなど、工事監理を主に行います。 リフォーム工事においてもやはり同様に、工事に必要な職人を手配してくれ、その工程管理などを担ってくれます。小規模なリフォームならともかく、増改築といった何人も職人が出入りするような施工は一般の人にはその管理も難しいので、工務店の出番となります。工務店ごとにタイプが違い、中には建築士を抱えてリフォームの設計からプランニングまで行う所もあります。

目的ごとに家を自由に作り変えることが出来る

欧米では一度建てた家は100年以上住むことを前提で、その都度必要が応じたらリフォームを行うのが一般的です。日本でもリフォームは広く定着しており、ライフスタイルの変化などに合わせて、その都度住宅を作り変えるのは一般的な事です。 例えば結婚を機に二世帯住宅に作り変えたり、地震に備えて耐震工事を行ったり、介護が必要となったのでバリアフリー化を住宅に施したりといったことができます。 また住宅のインテリアだけでなく、リフォームはエクステリア全般においても可能です。外壁のサイディングを変更したりあるいは塗りなおしたり、防水工事を行ったりできます。和風庭園を英国風やイタリア風ガーデンにしたりといったこともリフォームで出来ます。